幅広く人気のべっ甲

高級品であるべっ甲がメガネに使われる理由

ウミガメの甲羅を加工したべっ甲は古くから高級な装飾品として人気があります。特にアクセサリーの材料として多用されていますが、現在では高級なメガネのフレームとして使われることで知られています。べっ甲はプラスチックや金属には無い、特有の質感があるので肌に直接触れるメガネのフレームには最適です。また、変形しにくいのでメガネ作りの際に触感に配慮しながら調整することでいつまでも快適に使い続けることが出来ます。べっ甲の落ち着いた色合いも上品な雰囲気を醸し出す効果があるので、年齢や性別に関係無く使えるのが魅力です。べっ甲は高級品のイメージがありますが、安価な製品も出回っているので少ない予算で上質のメガネを作ることも可能です。

べっ甲メガネの選び方とお手入れの方法

べっ甲は一般的に明るい色合いの物になるほど高級品とされます。ウミガメの個体数がべっ甲の価値を左右するので、同じべっ甲でも価値の変動が生じる可能性があります。そのため、べっ甲のメガネを作る際は相場の確認が不可欠です。また、べっ甲の主成分はたんぱく質なので、粗雑に扱うと変色やカビなどの不具合に見舞われてしまいます。特に湿気や汗、垢などの汚れはべっ甲の劣化を促進させるので、メガネを使わない時は必ず汚れを取り除いて乾燥させるのが品質を損なわないコツです。べっ甲メガネのお手入れは何もつけていない、乾いたタオルで拭き取るのが正しい方法です。メガネクリーナーなどの薬剤を使うとべっ甲の艶が失われ、ひび割れや変色が生じるので避けます。万が一、べっ甲の部分に劣化が生じた際はべっ甲の加工職人やメガネメーカーに修理を依頼するのが賢明な対処法です。

© Copyright Glasses Trends. All Rights Reserved.